無料体験レッスン実施中!  
入会金は無料!
当塾は定員になり次第、入会を締め切りますのでご了承ください。
なぜ、あなたは英語が苦手なのか?
 

英単語や文法を勉強したのに長文問題を解くのに時間がかかってしまう。時間内に問題を解くことができない。 このような生徒さんたちは多いです。それは、なぜか?英語と日本語は全く異なった言語なのに(特に語順です)、日本語の語順に当てはめて(返り読みなど)理解しようするからです。あるいは、完全な日本語訳にしてから、読み進めるからです。これでは、時間がいくらあっても足りません。それでは、どうすれば、よいのか?逆のことをすればよいのです。英語の語順そのままで返り読みはしない、日本語に訳さないようにするか、極力訳さないようにすればよいのです。では、どうやってそれを実現させるのか?そこで登場するのがこの英文直読直解法と音読です。当然のことながら、英語の基盤である文法と構文をきちっとおさえた上での直読直解となります。

英語と日本語は、全く異なる言語なのに、なぜ”日本語の語順”でいつまでも英語の内容をとろうとするのですか。
 

英語と日本語は、言語的に最も離れていると言われています。その最も離れている言語である日本語に当てはめて、なぜ英語を理解しようとするのですか。特に、語順が全く違います。英語は、結論(SV)が先です。日本語は後です。英語は、大まかなことをまず先に言って、あとで詳しく説明していく言語です。それに対して日本語は、初めから詳細を積み上げていきます。よって、かなり近い言語体系を持つヨーロッパの人たちにとって、英語を習得することは比較的に容易です。しかし、日本人はそうはいきません。全く異なる言語であれば、日本人は尚更、英語の語順に頭を慣らしていくことが必要なのです。日本語式(返り読み)に慣れてはいけないのです。その時点で英語ではありません。日本語を反対から読む外国人をどう思いますか。日本語が上達すると思いますか。当塾で、英語の語順のままで理解できるようになりましょう。

英文直読直解とは? 
 

直読直解とは、文字通り英語を左から右にそのまま読み(直読)、その内容をそのタイミングで理解(直解)してしまうことです。大半の生徒さんたちは、英文を読む際に目をあちこちばらばらに移動させながら、日本語に訳して(日本語の語順に戻して)ようやく英文の意味の理解をしますよね。これは、英文をそのまま読んでいることにはなりません。英語(他言語)を日本語(母国語)に訳すという特殊な翻訳作業をしているのです。そのような特殊な読み方(和訳作業)では、とても入試の英語長文問題や英検の上級に太刀打ちできません。まして、音声が一瞬で消えてしまうようなリスニング問題には全く歯が立ちません。具体的なその直読直解法については、当塾で実際の英語長文を使用ながら詳細に解説します。また、この直読直解法を身につけていくと、リスニング力や英作文の向上につながっていきます。

英語は、高校生、大学生、社会人になっても必要な最重要教科。ならば、今から本当の実力が身につく学習法で取り組むべし。
 

英語という教科は、特殊な教科です。理系であれ文系であれ、英語から逃れられません。また、社会人になってもその影響から逃れられません。さらに、日本はこれから体験したことのない少子高齢化時代に入り、人口が減少していき、国力全体としても下降していきます。よって、世界との競争に勝って行くには個々人の能力を高める必要があります。とりわけ英語力は必須となってきます。加えて、インターネットの爆発的な普及に伴い、クリック一つで世界と繋がるボーダレスな時代へとすでに入っており、英語で情報を入手したり、外国人とコミュニケーションをとることが当たり前のことになってきています。"英語がデキル人"いうのは、間違いなく直読直解ができている人です。そうであれば、早い段階から、当英語塾で、この直読直解法を身につけていこうではありませんか。このスキルを身につけている人とそうでない人との差は歴然です。今後、"英語がデキル"ようになるかどうかの大きな分かれ目になります。

直読直解一口メモ
”関係詞が出てくると早く読めません”
 

関係詞こそ、直読直解法がその威力を発揮します。”返り読み”をせずに、左から右に読みますよ。先行詞の説明を右に追うように意識を持っていきます。そのように読んでいけばどんどん”英語回路”(ネイティブの感覚)ができていきます。大事なことは”左→右”で英文の内容をどんどんつかんでいくことです。

 

 

”過去分詞が文中に入って来るとうまく内容がとれません”
 

うまく内容がとれないということは、文のおおまかな骨組みが見えていないということです。直読直解では、この骨組み(構文)をしっかり学習しながら、返り読みせず左から右に読んでいきます。訓練を積めば、過去分詞が入った一見、複雑そうな英文も左から右に読めるようになりますよ。

 

 

 

主語(S)と動詞(V)が離れているとうまく読めません。
 

確かにSとVが離れている英文は、読みづらいですね。ただし、パターンは限られていますので、ここでも直読直解でどんどん前から読み進めていきますよ。心配いりません。

 

 

生徒さんの声

  塾の授業の復習と指導された通りの音読を積み重ねた結果、外部の模試で学年1位をとることができました。また、中学2年生になったばかりですが、英検準2級に合格できました。英語に自信が持てるようになりました。これからもこの直読直解を続けていきます。

 

 中学から英語の勉強を始めました。授業で英文を直読直解でどのように読むのか教えていただきよく分かるようになりました。音読の効果ももあり英文をどんどん前から読めるようになりました。授業とても分かりやすいです。中学3年生の初めの頃に英検2級に合格できました。ありがとうございます。もっとたくさん英文を読んで行きたいです。

 

— KKくん

  英単語や英文法は、一通りやったのですが、長文がうまく読めませんでした。時間をかけすぎて困っていました。直読直解法を知ってからは、英語本来の読み方なので時間を短縮してさらに正確に読むことができるようになりました。英語が好きになりました。第一志望の高校にも無事入学できました。

 

  ここの英語塾に通っている間にいつの間にか英語力がついていったように思います。なかなか受からなかった英検にも受かりましたし、外部の模試でも学年で上位に入りました。ありがとうございます。

— WR さん

— TR さん

— K R くん

© 2016 by Eigo Chobun Chokudoku-Chokkai Juku

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

PR / T 123